グラフィックボードの負荷率を下げる

アタシの場合、#Secondlife の公式ビューアーでは が60まで上がり、グラフィックボードの負荷が90%前後になっていて、寿命が心配になります。(Vsync On)
無駄に高いのですが、FPSを下げる手段がビューアー側にありません。

そこで、Nvidiaのコントロールパネルを使用し、垂直同期を「ハーフリフレッシュレート」にし、念のために最大FPSを30に設定しなおしました。


これでビューアーのFPSは30になり、グラフィックボードの負荷率も50%前後で、安心して を楽しむことができます。(図2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください